フィードバックを共有

Windows 10 の機能の変更と改善のためには、詳しい具体的なフィードバックが重要です。皆様からのフィードバックは、製品と品質に対する満足度を評価し、オペレーティング システムの変更について議論するための参考になります。フィードバックを送信するには、スタート メニューからフィードバック Hub アプリを選択します。フィードバック Hub からご意見をお寄せいただく場合は、フィードバック Hub アプリで Microsoft に意見を送るをご覧のうえ、次の点にご留意ください。

既存のフィードバックを調べる

他のユーザーが同じ意見を提出している場合があります。その場合は、重複する内容を送るのでなく、既存のフィードバックに「賛成票」を入れて、既存の情報を確認する内容であることをコメントするか、レビュー シナリオを追加してください。

新しいフィードバックには内容のわかる見出しを付ける

内容が詳しくわかる見出しを付けることで、報告された問題を Windows エンジニアが理解する手助けになります。良い見出しの例: 「Bluetooth 接続時に Groove がエラー 80041007 でクラッシュする」

送信する問題やリクエストに適切なカテゴリを選ぶ

フィードバックを送る場合、その種類に応じてログやシステム設定が収集されます。たとえば、正しいログを入手できないと、稼働状況アプリケーションで作成される携帯電話データのバグに対処することができないからです。

一度に 1 つのフィードバック項目を送る

フィードバックは一度に 1 項目とすることで、それぞれに正しいログとデータが維持されます。

明確に十分な説明をする

追加で詳細を送る場合は、問題についてできるだけ詳しく説明することが重要です。たとえば、問題の再現手順、スクリーンショットの添付 (該当する場合)、「問題の再現」オプションの使用など、フィードバックの種類に応じて記載してください。

追加情報を送る

問題を説明して、報告する状況を詳しく示す上で、追加情報の共有は大変役に立ちます。これには、スクリーンショットの添付、ファイル (dxdiag、.cab など) の添付、問題の再現 (キャプチャ モード) などの方法があります。問題を再現可能な場合は、問題発生時の詳細ログを入手できるキャプチャ モードが大変役立ちます。

報告を共有する

報告 (賛成票) の少ない問題は、対応される可能性が低くなります。報告後は、他の利用者と共有をしてください。同じ問題を共有している人や、同じ機能や変更を提案しようとしている人がいるかもしれません。

キャプチャ モードを使う

キャプチャ モードはバグを再現するための重要な手段で、Windows エンジニアリング チームが検討する詳細ログを生成します。このプロセスを使用するには、次の手順に従ってください。

  1. 新しいフィードバック項目を作成します。
  2. [問題] を選びます。
  3. タイトルを入力し、フィールドに詳細を適宜記入します。
  4. 適切なカテゴリとサブカテゴリをドロップダウンから選びます。
  5. 該当する場合は、[問題の再現] セクションが表示されます。
  6. 添付するログの種類を選びます。
  7. [キャプチャの開始] をクリックします。
  8. [フィードバックを送る問題を再現する]
  9. [キャプチャの停止] をクリックします。ログ ファイルがフィードバックに添付されたことが示されます。
  10. フィードバック項目を送信します。該当するすべてのログとデータが自動的に添付されます。